くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
かもとりごんべえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かもとりごんべえ

作: 西郷 竹彦
絵: 瀬川 康男
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かもとりごんべえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1968年
ISBN: 9784591003923

2歳〜5歳
26.5cm x 21cm   36ページ

出版社からの紹介

よくばったごんべえは、たくさんのかもにつれられて空の旅。そしておちたところは−−ユーモラスに書きつづられたお話。

ベストレビュー

一人称ごんべえの大風呂敷

一人称で人生論を盛り込んだという、西郷さんの『かもとりごんべえ』は、自戒のこもったホラ話のようです。
かもとりから始まって、面白おかしく世の中を渡り歩いたごんべえさん。
誇張には満ちているけれど、一人称で語られると、どこか哀愁も漂っています。
五重の塔から飛び降りる時に広げられた大風呂敷と、最後の自嘲に至っては大人のための説話のようにも思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

西郷 竹彦さんのその他の作品

めめめんたま / そらをとぶふね / 日本みんわ絵本のシリーズ あまみのけんむん / しまのおばけケンムン / 兵六ものがたり / ニャーンといったのはだーれ

瀬川 康男さんのその他の作品

ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / ひな / かぜのかみとこども / 瀬川康男画集 いきとし いけるもの / こしおれすずめ / Peek-a-Boo いない いない ばあ (英語版)



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

かもとりごんべえ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット