もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
帰ってこない動物たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

帰ってこない動物たち

作・絵: 黒川光広
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,400 +税

「帰ってこない動物たち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年04月
ISBN: 9784591043615

34cm x 25cm 32ページ

出版社からの紹介

不器用にヨタヨタと歩いたドードー。やさしい目をしたステラー海牛。空を埋めつくすほどいたリョコウバト。

ベストレビュー

人間さえいなければ良かったのに!

黒川さんが、恐竜以外の絵を手掛けている、珍しい?絵本です。
この絵本のサブタイトル「人間が絶滅させた動物たちの記録」でわかるように、
人間によって絶滅に追い込まれてしまった、二度と帰ってこない動物たちが
この絵本にびっしり描かれています。
絶滅した動物だけで絵本が作れてしまうことに、正直ショックを受けました。

食用のため、ゲームのため、穀物を入れる革袋にするため、毛皮目当てに、
立派な角を目当てになどという理由で、人間によって絶滅に追い込まれた動物たち。
中には、灯台守の飼い猫1匹に襲われ、絶滅した鳥などもいたりして、驚かされました。
この飼い猫だって、人間が連れ込んだから鳥を襲ったわけで・・・

息子はこういった大昔の生き物が大好きで、その類の絵本を読んだり、
テレビ番組を好んで観たりしますが、いつも言うんです。
「人間さえいなければ良かったのに!」と。
世界中にはいろんな生き物がいますが、その存在を認めて、共存して
生きていこうとしない生き物は、人間だけなんじゃないかと思います。
この絵本を読んでさらにそう感じました。

いろんなことを考えさせらる、奥の深い一冊だと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

黒川光広さんのその他の作品

恐竜ティラノサウルス大図解 / 紙芝居 きょうりゅうぼうやのおともだち / 紙芝居 きょうりゅうぼうやのさかなつり / たたかえ!マンモス・ゴン / 紙芝居 がんばれきょうりゅうぼうや / はしれ!マンモス・ゴン



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

帰ってこない動物たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット