だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
十三湖のばば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十三湖のばば

作: 鈴木 喜代春
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥456 +税

「十三湖のばば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

衝撃的な農村の家族の話でした

偕成社文庫の、この本の推薦年齢は小学校上級以上とありました。
この本が出たのは1981年なので、そのころと比べると、子どもの本を読むレベルがかなり下がってきていますから、小学生の高学年ではなかな読まない。いえ、読めないかな〜。
決して難しいわけではなく、子どもにも伝わりやすい文章で書かれているので、中学生くらいなら読もうと思えば読める内容です。
ただ、一見話が暗いので、朝読などには進んで選んでくれないかもしれません。

物語の舞台は大変貧しい東北地方の農村の話です。
主人公のばば(今は81歳のおばあちゃん)が語り手となって、
嫁に来た20歳の頃から11人も生んだ子どもが、今でも生き残っているの子がたった3人になってしまうまでのことを話してくれています。

関東地方に比べ、田舎の方、特に作物が育ちにくい東北地方に暮らしていた人の生活苦は想像を絶するものだったのだと、この本で、改めて感じました。
食べるものがなく、村の人から毒といわれていた植物にまで手を出してしまう五男の兵五郎の死は、悲しいというより、切なくなりました。

この本を読んで、何より驚いたことは、後書きで紹介されていた小学生の感想文でした。
後書きを書かれた作者の鈴木さんも、解説を書かれた松谷みよ子さんも驚かれていましたが、この小学生の感想文はホントにすごいです!
下手な大人より、この本を熟読しているな。と、思いました。
本文自体も大変素晴らしいお話だと思いますが、この感想文は必見です。
うちの上の子にも、ぜひ読んでほしいな〜と、思っています(まだ読んでいないので、すすめようと思っています)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

出版社おすすめ


鈴木 喜代春さんのその他の作品

できたよ、ぼくたちのねぷた / 新版・授業が生きるブックトーク / けがをしたすずめと一年生 / 白神山地−8000年の<生命>をたずねて− / きょうりゅうになったごうたくん / さるじぞう



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

十三湖のばば

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット