十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
アンガスとあひる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンガスとあひる

  • 絵本
作・絵: マージョリー・フラック
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1974年7月15日
ISBN: 9784834004229

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
関連
「アンガスとねこ」
「まいごのアンガス」


原書(洋書絵本)
Angus and the Ducks

おはなし

こいぬのアンガスは、見るもの、嗅ぐもの、何でも知りたがります。なかでも一番の関心は、庭の生垣のむこうから聞こえる、鳴き声です。いつもはつながれているアンガスですが、ある日スキを見て外へとび出し、いつも気になっていた鳴き声の主、あひるたちを追い回します。ところがあひるたちの強烈な反撃をくらい、家の中に逃げ帰り、しばらく何も知りたくないと思うのでした。

みどころ

とりたてて興味をそそる題材ではないのですが、はなしのテンポ、いいまわし、そしてかわいいラストシーンと、とても楽しいと感じます。ラストは逃げ帰ったアンガスが、「そして、とけいのきざむ、いち  に  さんぷんかん、なにごともしりたいとおもいませんでした」となるのですが、そのあとすぐにまた好奇心旺盛に動き出すアンガスが頭に浮かび、思わず微笑んでしまいます。海外の作品ですが、日本語訳の語感が素晴らしく、名訳だと思います。

出版社からの紹介

見るものかぐもの、何でも知りたがりやの小犬アンガスの好奇心が軸になって展開するこの物語は、幼い子どもたちの冒険心を見事に表現している傑作です。

ベストレビュー

古き良き香りのする古典的絵本

なんだか“古き良き香り”がするような絵本でした。
しりたがりやのアンガスは、おさるのジョージに似ています。ということは、子どもの姿そのものなんですよね!!
これは、絶対小さい子どもは喜ぶでしょう。
だって、自分にそっくりなんですもの。

音を聞いて、なんだろうと興味を持ち、すきを狙って、音のする方に忍び込み、あひるを見つけて追いまわし、果てはあひるに反撃されて、ソファの下に逃げていく・・・これって、もう本能の赴くままの行動そのものじゃありませんか!
なんだか、あまりにも小さい子どもそっくりで、笑ってしまいました。

そして、最後の文章もとてもおしゃれ。
そうだよね、もう今は何も考えたくないよね。
でも、明日になれば、また知りたがり屋で追求し屋に戻るんだよね、アンガスくん。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マージョリー・フラックさんのその他の作品

新装版/あひるのピンのぼうけん / トプシーとアンガス / ベスとアンガス / ウイリアムのこねこ / Angus and the Ducks(アンガスとあひる) / Angus Lost(まいごのアンガス)

瀬田 貞二さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし / こどものとも 日本の昔話 うしかた と やまうば / 英日CD付 英語絵本 おやすみなさいおつきさま GOODNIGHT MOON / お父さんのラッパばなし / 児童文学論 上下巻



ねえ、「コワイ」って、もってる?

アンガスとあひる

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.32

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット