宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぱくちゃんかずのえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぱくちゃんかずのえほん

  • 絵本
作・絵: せきゆうこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784097263791

0〜3歳向け
A20取変・20頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふしぎな生き物ぱくちゃんと数を学びます。

「おひさま」で大人気のお話「ぱくっ」のぱくちゃんと一緒に、楽しみながら数を学べる合紙の絵本。同時に「ぱくちゃん いろのえほん」も刊行。2冊セットでプレゼントにもぴったりです。

ベストレビュー

かえるだよ・・・・・・

2歳児クラスの保育園に今年から通っている3歳2ヶ月の孫に読んでやりました。私が、ぱくちゃんを”うんちくんかなあ?・・・・”と、つぶやいたら、すかさず孫の答えが”ちがうよ!かえるくんだよ・・・・”って、答えてから、”う〜〜ん???”と、気になっている私でした。ぱくちゃんの数の絵本ですが、美味しい題材も凄く気に入って”かず”もしっかりいえるようになった孫に感心しました。3人目だったせいもあって、”かず”も意識して教えなかったので、”いつのまに・・・・・・”っていう感じです。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?

せき ゆうこさんのその他の作品

あっぱれ! ぱくっ / オオカミがキケンってほんとうですか? / あ〜ん ぱくっ / おばけのおうちいりませんか? / ぱくちゃんいろのえほん / いっぱい ぱくっ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

ぱくちゃんかずのえほん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット