貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
水曜日の本屋さん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水曜日の本屋さん

  • 絵本
作: シルヴィ・ネーマン
絵: オリヴィエ・タレック
訳: 平岡 敦
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「水曜日の本屋さん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784895726979

小学校低学年から
A4変型判・25ページ

関連するスペシャルコンテンツ


編集部長、編集長にインタビューしました!

出版社からの紹介

あのおじいさん、いつも戦争の本を読んでいるけれど、どうしてそんな本を読むの……? フランスの街角の
小さな本屋さんを舞台に、本が介する少女と老紳士との心の交流を描いた絵本。少女の豊かな感受性が胸を打つ感動作。

ベストレビュー

文章表現が素敵!!

女の子とおじいさんは水曜日に本屋で出くわします。
おじいさんはいつも決まって戦争の本を読んでいます。
ある日その本が売れてしまったと聞いて

「おじいさんは、大きな袋をしょわされたように背中をまるめた」

そしてその本が
おじいさんへのクリスマスプレゼントだったとわかった時

「おじいさんは軽々と包みをかかえて帰っていった」

こういう表現で人物の気持ちを
表しているところがとても気に入っています。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オリヴィエ・タレックさんのその他の作品

ひつじの王さま / ちいさいきみとおおきいぼく / いつか、きっと / リタとナントカのおきゃくさま / リタとナントカのピクニック / リタとナントカのおかいもの

平岡 敦さんのその他の作品

ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者 / 小さなサンと天の竜 / モーパッサン 首飾り / ロンと海からきた漁師 / 岩波少年文庫 最初の舞踏会 ホラー短編集3 / かしこいウサギと はずかしがりやの大きな鳥



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

水曜日の本屋さん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット