おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
じゅうにしものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じゅうにしものがたり

作・絵: 瀬川 康男
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「じゅうにしものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年
ISBN: 9784906195527

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 猫はどうして十二支に入れなかったのか、ネズミの視点から描かれています。この絵本の特徴はなんといっても芸術的な瀬川さんの絵。
装飾的でありながら生き生きとした動きも感じます。愛蔵版ですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ねこはなぜ十二支にはいらなかったのか?
瀬川康男が描く躍動に満ちた絵巻物語。

ベストレビュー

千代紙に使うような色合いが素敵。

少し前にも、別の十二支のお話を紹介しましたが、今回はせがわやすお氏の絵本を紹介します。
内容は同じ。ただ、こっちはあくまでもねずみを主人公として扱っています。
小さくて、弱い自分が、いち早く御殿へ着くには、どうするべきか。悩んだねずみは、神様の元へ向かう動物たちを次々と乗り継いで、最後は一番乗り。という、ストーリー。
物語はともかく、せがわさんのイラストは個性的で、素敵。
動物に独特の模様を描いているんですが(千代紙に使うような色合わせ)、これが、ものすごくいいセンスなんです。
小学生くらいになれば、十分読めるないようなので、機会があったら、ぜひ、読んでみて下さい。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


瀬川 康男さんのその他の作品

ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / ひな / かぜのかみとこども / 瀬川康男画集 いきとし いけるもの / こしおれすずめ / Peek-a-Boo いない いない ばあ (英語版)



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

じゅうにしものがたり

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット