もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
うめぼしリモコン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うめぼしリモコン


出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年09月
ISBN: 9784652077023

B6判 110ページ

出版社からの紹介

91歳の詩人まど・みちおさんの新作詩集。宇宙空間のなかでイキズク詩心は、ヒト、モノや生き物のつながりの妙を鮮やかに切取る。

ベストレビュー

生きとし生けるものへの優しいまなざし

元永さんの本を勉強する会で、まどみちおさんの詩に元永さんの絵がつけられているこの詩集を知りました。

まどみちおさんの詩には、生きとし生けるものへの優しいまなざしがある気がしています。

それは道端の草花や虫でさえも同じように向けられています。

そして、まどさんの詩は声高に何かを訴えるのではなく、むしろひっそりとして肩に力が入っていないので、読んでいる方も自然と笑みがこぼれてくる、そんな魅力があるように思います。

実際のところ私は元永さんの前衛的な絵の魅力が今ひとつわかりません。

元永さんの勉強をした時に、元永さんもそれはわからなくていいと『母の友』の作家のアトリエで答えておられた記憶です。

そんなことを知って、この詩集を読み返すと、一層肩に力が入らずに読めました。

元永さんお亡くなりになりましたね。ご冥福をお祈りします。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

うめぼしリモコン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット