雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(9) ヒコーキざむらい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(9) ヒコーキざむらい

  • 絵本
作: 今江 祥智
絵: 長谷川 義史
出版社: フェリシモ出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,286 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784894324985

32ページ 182o×242o

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


“おはなし”を通して、たからものをたくさんお届けしたい

みどころ

フェリシモ出版の「おはなしのたからばこ」シリーズ9巻は、今江祥智×長谷川義史のコンビがお届けする『ヒコーキざむらい』。

誰にだって、とびきり好きなものもあれば、苦手なものもあります。
でもできれば、勇気を出して苦手なものを乗り越えてほしい。
その先には、きっと今まで見たこともない新しい世界が待っているから……。
自分の大切な人、愛しい人にほど、そう願うものです。

この絵本の登場人物は、3人。
飛行機が苦手なミチと、飛行機で旅するのが大好きなおばあちゃん、そして、飛行機に乗ったことのある数少ないお侍さんである、ミチのひいおじいちゃん。

かつてひいおじいちゃんが乗った飛行機は、3メートルしか上がりませんでした。
でも、「結果的に3メートル」だっただけ。
「飛行機に乗るか」と聞かれてイエスと答えたのは、ひいおじいちゃんだけ、他のお侍さんたちは、怖気づいて誰も乗ると言えなかったのです。
そして、おばあちゃんは初めて飛行機に乗るとき、「この飛行機も3メートルくらいだ」と思い込むことで、怖さを克服したそうです。
おばあちゃんからこの話を聞いたミチは、苦手な飛行機を克服できるでしょうか?

3メートルの勇気。
どんなに怖いもの、苦手なもの、もしかしたらほんの少し勇気を出せば、乗り越えられるのかもしれません。
そして乗り越えたその先には、この絵本で長谷川義史さんが描いたのびやかな大空のような見事な景色が、広がっていることでしょう。
「三メートルくらい ほんのひとっとびさ」

(洪愛舜  編集者・ライター)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(9) ヒコーキざむらい

出版社からの紹介

「ほんのちょっと」と思ってみたら、本当に飛べたんだよ、というおばあちゃん。
日本人で初めてヒコーキに乗る体験をしたひいおじいちゃんに憧れて、
自分もヒコーキに乗ったおばあちゃんは、孫のミチも誘うのだけれども、
ミチはどうしても怖くてだめ。そんなミチにおばあちゃんはこっそり話したかったのです。
ひいおじいちゃんも、おばあちゃんも「飛んだ」人。
それは、空を飛ぶことであり、いまの自分を超えることであるのかもしれない。
跳び箱を飛んでいるミチの絵に、すっと晴れやかな気持ちになります。
長谷川義史さんの描くのびやかな空が実に素晴らしく、
心から願えば、いつかぽんと自分を超えられる、そんな希望を感じさせてくれる絵本です。

ベストレビュー

3メートルのロマン

おばあちゃんのヒコーキ好きは、ひいおじいちゃんの影響。
日本人で初めてヒコーキに乗ったサムライなんだそうな。
そのエピソードと心遣いが、なんとも心地よく響いてきました。
3メートルしか飛べなかったヒコーキだけど、命がけの冒険であり、果てしない夢の追求だったとわかります。
ひいおじいちゃんにとって、その3メートルはとてつもなく無限大だったのです。
だれもが嫌がった、ヒコーキに乗った勇気が自慢のひいおじいちゃん。
3メートルならば平気だと、ヒコーキで旅行をするようになったおばあちゃん。
おばあちゃんは、孫のミチにそのロマンを伝えたいのです。
走り幅跳びと、そんなに変わりはない。
この論理が素晴らしい。
長谷川義史さんの味わいある絵で、しみじみとしたお話になっています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / ぼんぼん / 優しさごっこ / ごきげんなライオン ともだちはくまくん

長谷川 義史さんのその他の作品

じてんしゃのほねやすみ / みつけてん / 天女銭湯 / 大さわぎ!ばけもの芝居と白いねこ / しげちゃんとじりつさん / たこやきのたこさぶろう



すべてのおとなとこどもに贈ります

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(9) ヒコーキざむらい

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット