くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
3びきめのひつじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3びきめのひつじ

  • 絵本
作: ひろのみずえ
絵: 広野 多珂子
出版社: 女子パウロ会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784789606790

B5変型(天地 25.0cm×左右 22.0cm) 
上製 24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おもちゃは、子どもが豊かに、大きく、成長してゆくために大切なもの。すぐれたおもちゃとして知られているヨーロッパ・アルプスの木のおもちゃのおこりについて語る、美しいクリスマス伝説の絵本。
木彫りの名人ドリッテは、自分が彫ったクリスマスの馬小屋の羊を欲しがる見なれない男の子に、首をふるかわいい羊のおもちゃを作ってあげました。長い時が過ぎてようやくとりに来たその子は、じつは子どものイエスさま。「神さまが一番お喜びになるのは子どもたちの笑い声だよ」と、言われました!
それからは、聖人像しか彫ってはいけないと思っていた村の職人たちは、大喜びで子どもたちの喜ぶ木のおもちゃを作りだしたのです。確かに子どものイエスさまとマリアさまはこの村に来られたと、村人たちは言い伝えました。だって、ちゃんとその証拠が残っていたんですからね。どんな?

ベストレビュー

聖書のような絵本です。

これはイエス・キリストが登場するので、たぶん、新訳聖書が母体となっている話だと思います。(違ってたらすみません)
物語の奥の方まで、キリスト教(何派なのかは、よくわかりませんが)を信じている人々の気持ちがにじみ出ていました。

絵本としては、絵も見やすく文章も読みやすいのですが、主観にキリスト教色がはっきり出ているので、万人向けではありません。
でも、クリスマスの時期にこの絵本を読んで、宗教観念抜きに心の優しさを伝えてあげてもいいかな〜、と思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひろのみずえさんのその他の作品

ひとりって、こわい! / 駒ちゃんは片翼のオオハクチョウ / 小学校たのしい理科の教室 電気を起こす・ためる・利用する / だいじょうぶダック / いつまでもここでキミを待つ / なにがみえるの?

広野 多珂子さんのその他の作品

ぼくのもものき / あかちゃん、がんばれ! / ピーテル、はないちばへ / ハートのはっぱかたばみ / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / かまきり じいっと じいっと



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

3びきめのひつじ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット