ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
くちぶえ番長
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くちぶえ番長

  • 児童書
作: 重松 清
出版社: 新潮社

本体価格: ¥490 +税

「くちぶえ番長」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

11〜12歳 編集部おすすめ

内容紹介

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。転校早々「わたし、この学校の番長になる!」と宣言したマコトに、みんなはびっくり。でも、小さい頃にお父さんを亡くしたマコトは、誰よりも強く、優しく、友だち思いで、頼りになるやつだったんだ―。サイコーの相棒になったマコトとツヨシが駆けぬけた一年間の、決して忘れられない友情物語。

ベストレビュー

スラスラと

主人公が小学4年生…という設定だったので、同じ年齢の息子にも楽しく読めるかな…と私が先に読んでみました。

読み始めたら、「これってフィクションなのかな?」と思ってしまうほどリアルで、どんどん本の中の世界に引き込まれました。
家族の事、学校の事、町の風景さえも見えてくるようでした。
難しい表現も無く、とても読みやすいし、読み終わった後も ほっこりした気分にさせてくれました。

自分が読んだ後、息子にも勧めたところ、あっという間に読み終えて、こんな本ならスラスラ読めちゃうね…と。
本に関しての感想は聞きたかったけど聞かない事にしました。
面白くなかったら最後まで読まないし、内容が男の子と女の子の友情(もしかして初恋?)って感じだったので。

著者の重松清さんって『とんび』を書かれた方だったんですね。
知りませんでした。
(キョッチさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


重松 清さんのその他の作品

ゼツメツ少年 / きみの町で / <よりみちパン!セ>みんなのなやみ 2 / 卒業ホームラン 自選短編集男子編 / <よりみちパン!セ> みんなのなやみ / おじいちゃんの大切な一日



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

くちぶえ番長

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット