ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
つるばら村シリーズ(4) つるばら村の家具屋さん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つるばら村シリーズ(4) つるばら村の家具屋さん

  • 児童書
作: 茂市 久美子
絵: 柿田ゆかり
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784061957039

小学校中級から
A5判 143ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

家具にやどる、木の命のひみつ
つるばら村には、こんなすてきな家具屋さんがあります。木々の生命力あふれる、12編のファンタジー。

光沢をはなつキリ、手ざわりがやさしいトチノキ、重いミズメ、かたいオノオレカンバ、弾力のあるヤナギ、あたたかなクルミ、木目の美しいクリ……。
さあ、これらの木々は、どんな家具に生まれかわるのでしょう?

つるばら村にある「青木家具店」は、注文家具をつくる家具屋さんです。お店の主人は、青木林太郎さん。奥さんの美樹さん、5歳の幹太との3人暮らしです。「青木家具店」には、ふしぎなお客さんが、いろいろやってきます。キツネ、ウサギ、イノシシ……、そして山の精や、木馬までも。
家具屋さん一家をめぐる、12編のファンタジー。

ベストレビュー

職人さんのすばらしさ!

残念だなぁ・・・中村さんの絵ではない・・・
でも、今時の子には、柿田さんの絵もいいのかな

くるみさんには関わっているけど
この家具屋さんは
茂一さんの下調べがすごい!!

木のこと
家具のこと
いろいろ勉強になります

それにしても、つるばら村の職人さんたちは
気持ちのいい人ばかりで
いいなぁ〜

こういう村に私も住んでみたいです

読むたびに
心が洗濯されています!

さて、5巻目も楽しみ♪
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茂市 久美子さんのその他の作品

アンティーク・シオンの小さなきせき / ドラゴン王さまになる / ドラゴンはスーパーマン / つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン / おひさまやのテーブルクロス / おひさまやのたんぽぽスプレー

柿田ゆかりさんのその他の作品

はるやさいのはるやすみ / あきやさいの あきわっしょい! / ふゆやさいのふゆやすみ / なつやさいの なつやすみ / つるばら村シリーズ(9) つるばら村のレストラン / つるばら村シリーズ(8) つるばら村の大工さん



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

つるばら村シリーズ(4) つるばら村の家具屋さん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット