もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
すみ鬼にげた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すみ鬼にげた

  • 絵本
作: 岩城範枝
絵: 松村公嗣
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784834024715

読んであげるなら・ 小学低学年から
自分で読むなら・ 小学中学年から
25X20cm・80ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

唐招提寺の金堂を四人の「すみ鬼」が守っている。そのうちの一人の顔だけが違っている。それはなぜか? 
今から300年前、時は元禄時代、大工見習いの少年ヤスが、その「すみ鬼」と出会うことから物語が動きだす。

ベストレビュー

唐招提寺・金堂の「すみ鬼」は…

作者が唐招提寺・金堂を見たとき、その屋根の4角を支えている「すみ鬼」の姿に轢かれたそうです。
しかも、そのうちの一体だけ、他の鬼たちとは表情が違う。これは、創作意欲が咲きそうです。

時代物ですが、決して古臭くなく、大陸から来た鬼と日本の化け物たちとの力比べのシーンは面白かったです。
そして、この「すみ鬼」の性格がとてもさわやかでいいんですよ〜。仁義に熱い「すみ鬼」カッコ良かったです。

小学校の高学年くらいから、中学生・高校生くらいのお子さんたちにお薦めします。
そして、もし唐招提寺に行くことがあったら、この「すみ鬼」を見てきたいです!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

岩城範枝さんのその他の作品

木の実のけんか / 鬼の首引き



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

すみ鬼にげた

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット