バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
こりすのはつなめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こりすのはつなめ

作: 浜田 廣介
絵: 柿本 幸造
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784893253064

23×21cm・36P

出版社からの紹介

「どうぞのいす」でおなじみの柿本幸造による、ひろすけ童話の絵本。
「冬眠から覚めたら手についた木の実の汁をなめさせてあげる」と、子グマは子リスに約束しました。
春、子グマより先に目覚めた子リスが、子グマの手のひらをなめてみると…。いつまでも心に残したいあたたかなお話です。

ベストレビュー

初舐め

タイトルの意味がわかりかねながらも
大好きな柿本幸造さんの絵、浜田廣介さんの文という
あまりにも魅力的なコンビに、読んでみる事にしました。

「はつなめ」って「初舐め」だったのですね(*^_^*)
熊が冬眠に入る前に
手にいっぱいおいしい味をしみこませていることを知ったりすが
冬眠から覚めそうな熊の手を
熊より先に舐めてしまう・・というお話。
柿本さんの温かさを感じる冬の描写が見事です。
ひと舐めしたときのリスの幸せ一杯な感じのページの絵が、
これまた本を飛び出して伝わってくるような気がします。

春の訪れを感じるのに、読んでみてはいかがかしら。


(やこちんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


浜田 廣介さんのその他の作品

ないたあかおに / 泣いた赤鬼 / りゅうのめのなみだ / 紙芝居 よぶこどり / こりすのおかあさん / よぶこどり

柿本 幸造さんのその他の作品

ママのもちつき / ママははなよめさん / ひだまりをつくるひと 柿本幸造 絵本画集 / おおかみと 七ひきのこやぎ / おはなし チムとターク / ごんぎつね



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

こりすのはつなめ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット