だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ブルンディバール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブルンディバール

絵: モーリス・センダック
訳: さくま ゆみこ
再話: トニー・クシュナー
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784198628567

5歳から
23cm・56ページ

出版社からの紹介

ペピチェクとアニンカの兄妹は、病気のお母さんにあげるミルクを買うためのお金をかせごうと、広場で歌をうたいます。けれども、おそろしいブルンディバールに追いはらわれてしまい…? 
第二次大戦中、ナチスの強制収容所で子どもたちが上演したオペラ『ブルンディバール』を、巨匠センダックが絵本化した、心に残る感動的な物語。
「悪」に対する子どもたちの勝利を描き、希望を与えます。センダック絵本の集大成と言える一冊。


ベストレビュー

今は楽しいお芝居のような絵本として

予備知識なく、ただセンダックの絵に惹かれて読みました。お芝居を見ているような感覚でテンポよくストーリーが進むので、子どもたちも大興奮。躍動感のある挿絵をまじまじとみたり、セリフをマネしたりと夢中になっていました。
読後、ナチスの強制収容所で子どもたちが演じたオペラが題材となっていると知り、作者の重いメッセージを感じてドキッとしました。それを知ってから読み直すと、また深く考えさせられます。
子どもたちはまだ物語の背景は理解せず、ただ楽しいお芝居のような絵本ということでお気に入りです。でも今はそれでいいかなと思います。本棚に置いておけば、成長の過程でいつかまた自然と理解してくれる日が来ると思うので。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モーリス・センダックさんのその他の作品

そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう? / ムーン・ジャンパー / ぼくはきみで きみはぼく / くま! くま! くまだらけ

さくま ゆみこさんのその他の作品

ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン / 英日CD付 英語絵本 おおきなのはら Over in the MEADOW / おばあちゃんからライオンをかくすには / 消えた犬と野原の魔法



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ブルンディバール

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット