貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
わんぱくだんのはらっぱジャングル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わんぱくだんのはらっぱジャングル

  • 絵本
作: 上野 与志
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年3月
ISBN: 9784893256096

4・5歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

秘密の原っぱの小さな川を、ぴょーんと跳び越えたとたん、そこは不思議な「はらっぱジャングル」。小さくなったわんぱくだんの3人がジャングル探検へ!

ベストレビュー

わたしと娘は無理かもしれない

5歳の娘と読みました。

わんぱくだんが小さくなって、
はらっぱを冒険!    

葉っぱをお船にして小川を下ったり、
滝だ〜!と思っていたのが実は単なる流れの段差だったり、
外野の世界から見る分にはとても面白いのですが、
ダンゴムシと同等の大きさだったり、
ちょうちょの粉がハラハラと頭上に落ちてきたりもするので、
虫とか昆虫の嫌いな私と娘は、
「うげぇ〜!」と呻きながら読みました、
作者さんゴメンナサイ。

虫たちと同じ大きさでなくてよかったと、
改めて感じた一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さんのその他の作品

わんぱくだんのなつまつり / 大きな大きな絵本 わんぱくだんの はしれ! いちばんぼし(チャイルド本社刊) / わんぱくだんのクリスマス / わんぱくだんのきょうりゅうたんけん / くんくんくんいいにおい / まほうのすきな王さま(チャイルド本社刊)

上野 与志さんのその他の作品

ぼくんちのねこまたフーじぃ / わんぱくだんのおかしなおかしや / ふたごのどんぐり / わんぱくだんのひみつきち / わんぱくだんの まほうのじゅうたん / でっかいたまごとちっちゃいたまご

末崎 茂樹さんのその他の作品

おーいおばけ / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / わんぱくだんのてるてるぼうず / くすのきだんちのあきまつり / ぼくのマルコは大リーガー



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

わんぱくだんのはらっぱジャングル

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 29人

ママの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット