バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
シャロットの姫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シャロットの姫

絵: ジュヌヴィエーヴ・コテ
訳: 長井 芳子
詩: アルフレッド・テニスン
出版社: バベル・プレス

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「シャロットの姫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784894490888

240×145mm・48ページ

出版社からの紹介

アーサー王伝説に登場するシャロット姫は、不思議な予知能力を持つ清らかな美しい姫です。呪いをかけられたため
外の世界を見ることもできず、ひとり塔にこもり、鏡に映し出される現実の世界を次々にタペストリーに織り上げています。
ある日、鏡に映ったランスロット卿に一目で恋した姫は、思わず窓辺に走りました。その瞬間、鏡がひび割れ、自らの運命を
悟った姫は…… 幻想的で神秘的な「愛と死の物語」です。ヴィクトリア女王から桂冠詩人の栄誉を授けられ、
英国詩壇の傑出そた一人といわれるアルフレッド・テニスンは、アーサー王と円卓の騎士に生涯惹かれていたといいます。
叙情性あふれる詩句と見事な韻律が響きあうテニスンの『シャロットの姫』は、多くの芸術家を魅了し、数々の名画が
生み出されました。比類の無い美しい詩のリズムをそのままに訳された本書は、ジュヌヴィエーヴ・コテ
(ニューヨーク市が優れたイラストレーターに贈るシルヴァー・アワード賞受賞)の繊細で優美な絵とともに、
アーサー王伝説の時代を魔法のように現代に蘇らせています。“シャロットの姫”をめぐるテニスン、コテについての巻末の
記述も味わい深く、洗練された大人の絵本として、英詩への関心を問わず多くの人の心に残るだろう、とても美しい本です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

シャロットの姫

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット