十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ぼくだけのおにいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくだけのおにいちゃん

  • 絵本
作・絵: 福田 岩緒
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,300 +税

「ぼくだけのおにいちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784580820821

A4変形判・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼくはお兄ちゃんが好き。いっしょに遊んでくれるから好き。でも、いつもお兄ちゃんはいばってる。
ある日、お兄ちゃんが幼稚園にぼくを迎えにきてくれた。いつもとちがう帰り道…。

お兄ちゃんが大好きな弟のお話です。
いばりんぼうのお兄ちゃんですが、いろいろな面を持っているのを弟はちゃんとわかっています。
兄弟っていいな、と思わせるふたりの関係がほほえましく温かく描かれています。(文研出版「編集者からのひとこと」より)

ベストレビュー

「おにいちゃんだから」と併せて読んで欲しいです!

喧嘩ばかりしている4歳と6歳の我が子に読み聞かせました。

先に「おにいちゃんだから」を読んでいたので、子供達は「続きが読めるのかな?」とワクワクしています。
「おにいちゃんだから」が兄視点なのに対して、こちらは弟目線です。
その対比が私にとっては目から鱗が落ちるぐらい衝撃だったので、子供達が喧嘩ばかりしてイライラしているお母さんには特に2冊セットで読んでみて欲しいと思いました!
年下の子の気持ちが解ります。

私達夫婦は長男長女で、2人とも自分の弟や妹が鬱陶しい時期がありました。
子供達が生まれ、成長して兄弟喧嘩する様になり…長男の気持ちは理解出来るのですが、次男に対しては「なんでわざわざ要らん事するねん」って理解に苦しんでいました。
でも、この、本を読んでスッキリしました!
次男は一生懸命だったんですね。
そして、要らんちょっかいをかけている自覚は本人には全くありません…。
親として、年相応に対応してあげる事が必要だったのに、ついつい兄弟同じ様に叱ってばかりいました。

この本を読んで気持ちが軽くなりましたし、何よりも次男がニコニコ笑って喜んでくれました。
私達夫婦にとっては運命の絵本になりました(笑)

男の子を持つお母さん達にこの本を読んでもらうと、「自分の子供に読んであげたいわ〜」と言われました。
女の子を持つお母さんでも、「うちの子にも当てはまるよ。親子で読みたいな〜」と言っていました。

我が町の図書館では残念ながら全て書庫に入っていたので、予約したり窓口でお願いしないと借りられませんでした。名作なんですけどね…。
我が子のアンコールがあまりにも多いので、「おにいちゃんだから」と2冊セットで購入しちゃいました(^-^)
(happychanceさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 岩緒さんのその他の作品

しゅくだいとびばこ / 釣りに行こう! / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / しゅくだい大なわとび / ぼくの天国ポスト / つくる 五感のえほん2



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

ぼくだけのおにいちゃん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット