しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おねえちゃんは、どこ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おねえちゃんは、どこ?

  • 絵本
作: スヴェン・ノルドクヴィスト
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おねえちゃんは、どこ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784001112153

5.6歳から
B4判変型・上製・30頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おとうとネズミはおねえちゃんネズミが大好き。すぐどこかに行ってしまうおねえちゃんを、きょうもさがしに出かけます。
虹をこえ雲のむこう、そしてふしぎな巨人の街へ。目印は黄色い毛と赤いパンツ、おねえちゃんはいったいどこでしょう? 
すみずみまで発見に満ちたイメージ豊かな大画面に、時を忘れて見入ってしまう絵本。

ベストレビュー

ほんとだぁ!

 先に読んだ娘が、「ママ、この本、なんか変なのがいっぱい出てきて、おもしろいんだよ!」と言うので、「変なの」って一体どんなのだろう?と思って、娘といっしょに本を開いてみると・・・。
 いました、いました。本当に変なのがいっぱい!!オリジナリティーにあふれた不思議な生き物たちでいっぱいなんです。
 娘は、「こんなのいないのよね〜!」とか、「この○○、変!」とか笑いながら、各ページの細部まで楽しんでいました。

 もう1つの楽しみは、おねえちゃん探し。子どもって、本当にこういうのが大好きで、とっても得意ですよね。
大人にはない忍耐力と、好奇心の目が素晴らしいな、と思います。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

スヴェン・ノルドクヴィストさんのその他の作品

トムテンのミルクがゆ

石井 登志子さんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / 暴力は絶対だめ! / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡 / 雪のおしろへいったウッレ / わたしもがっこうにいきたいな



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

おねえちゃんは、どこ?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット