ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ルルとララのおかしやさん(10) ルルとララのスイートポテト
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルルとララのおかしやさん(10) ルルとララのスイートポテト

  • 児童書
作・絵: あんびる やすこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ルルとララのおかしやさん(10) ルルとララのスイートポテト」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年09月30日
ISBN: 9784265062829

小学校低学年 〜 小学校中学年向け
A5判 21.6X15.3/72頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いつもはめだたない「さつまいも」も、ルルとララの手にかかればオシャレに大変身!
秋のかおりもたっぷりに「スイートポテト」のあまいレシピをお届けします。

ベストレビュー

スイートポテトの物語!

私が大好きな作家でもある、あんびるやすこさんのシリーズ作品です。その一つが「ルルとララ」シリーズです。

この作品のシリーズは、お菓子づくりがテーマです。今回は、スイートポテトをテーマとしたのが、この作品です。

ルルとララは、森で一番かけっこが速いアライグマのサリーは、今年の運動会で大活躍しました。今度は、森のコンサートで歌を歌うことになりました。

果たして、上手く歌うことが出来るのでしょうか?

この作品は、ルルとララの二人が料理する物語ですが、このシリーズの中では、一番好きな作品です。私は、スイートポテトが大好きで、一度学校で作ったことがあります。また、家でも作ってみたいと思っているので、この作品を読んで実際に作ってみたいと思っています。

又、この作品の特徴としては、可愛いイラストであるのがこの、あんびるやすこさんの作品の特徴です。

こんな可愛い作品と美味しそうなスイートポテトのレシピが付いていてとても良い作品でした。

是非、読んでみて下さい。
(ぷるたんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あんびる やすこさんのその他の作品

なんでも魔女商会(25) ピンクのドラゴンをさがしています / フォア文庫 アンティークFUGA6 永遠なる者たち / 魔法の庭ものがたり (20) 魔法の庭の宝石のたまご / フォア文庫 アンティークFUGA5 バビロニアの紅き瞳 / ルルとララのおかしやさん(22)ルルとララのアロハ!パンケーキ / なんでも魔女商会24 ハムスターのすてきなお仕事



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

ルルとララのおかしやさん(10) ルルとララのスイートポテト

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット