庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
コんガらガっちあっちこっちすすめ!の本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コんガらガっちあっちこっちすすめ!の本

作・絵: ユーフラテス
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「コんガらガっちあっちこっちすすめ!の本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784097264002

菊倍版・40頁

出版社からの紹介

何かと何かがこんがらがって生まれた生物「こんがらがっち」の、「ゆびでたどる絵本」第2弾です。
指で道をたどると、おもしろくてかわいい出来ごとがいっぱい。今回も、何度でも楽しめるユニークなしかけが
もりだくさんです。NHK教育テレビ「ピタゴラスイッチ」を手がける、新進気鋭のクリエイターによるおはなし絵本。

ベストレビュー

迷路のようで、迷路でない。

3歳の息子は迷路はまだあまり得意ではないのですが、最近指で道をたどれるようになってきました。
なので、この本はどうだろうと試し読み聞かせ。
やはりピタゴラの作者だけあって、そもそも「いぐら」という主人公の名前から息子はツボなようです。
道をたどったり、しりとりしたり、すごろく?的な進み方だったり。3パターンのストーリーが入っていて、どれも長くないので、飽きずに遊べます。
ページをまたいで道をたどったりするのはまだまだ難しいし、しりとりでどちらに進むかなどは、字を知らない息子には無理だったりするので、結構母親の私が手伝いますが、それでもとっても楽しそう。最近寝る前はいつもこれです。
3歳児でも「道をたどる楽しさ」で充分遊べ、年齢が上がると「しりとりの楽しさ」や、「すごろく的楽しさ」でしっかり遊べそうなので長く付き合えそうな絵本です。なので、最初は図書館で借りましたが、購入決定!
起承転結のストーリーのある絵本とは全く違う、パズル的絵本の位置づけに思います。視覚的認知力がつきそう。
(たっちママさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

ユーフラテスさんのその他の作品

あたまがコんガらガっち劇場「りりりりりりりりり」の謎 / コんガらガっち ぬきあしさしあし すすめ!の本 / 中を そうぞうしてみよ / コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本 / このあいだに なにがあった? / あたまがコんガらガっち劇場 !?



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

コんガらガっちあっちこっちすすめ!の本

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット