だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ひばりの矢
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひばりの矢

  • 絵本
作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年11月
ISBN: 9784265909407

小学校低学年 〜 中学生向け
B4変型判 29.0×25.0 32頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

むかし、天にあったひばりの巣。悪い黒雲おやじに子どもをふみ殺されたひばり一郎次は弓矢で…。麦になったというひばりの矢の物語。

ベストレビュー

「むかし、ひばりの巣は天にあった。」

絵本を開くと、最初に麦の絵が目に飛び込んできます。
「麦は、ひばりが天から射込んだ矢」なんだそうです。

どうしてひばりが矢を射るのか?
それは、黒雲が関係していました。

踏まれても踏まれても伸びる、強い麦。
麦には、ひばりの強い意志が宿っているのかもしれません。
麦の穂が矢羽のような形をしている理由、なんだか納得でした。

この絵本では、ひばりは鳥ではなく、人間の姿で描写されています。
黒雲おやじを倒そうと、一番最初に名乗りを上げた一郎次。
誰もやらなかったことを最初にやろうと決意し行動する姿は、
「半日村」の一平を思い出させました。

余談ですが、ひばりは漢字で「雲雀」と書くんですね。
「むかし、ひばりの巣は天にあった。」という一文があるのですが、
きっと雲に巣を作っていたんだろうな、と想像させてくれました。

斎藤隆介さんの作品にはいつも「勇気」「優しさ」「愛情」「自己犠牲」
といったテーマが盛り込まれており、読むたびにそういったパワーを
いただいているような、気がします。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斎藤 隆介さんのその他の作品

The Tree of Courage モチモチの木 (英語版) / 斎藤隆介童話集 / ビッグ・えほん「半日村」 / ビッグえほん ひさの星 / ビッグ・えほん モチモチの木 / 紙芝居 モチモチの木

滝平 二郎さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(10) 古田足日子どもの本 / たなばたさま / 滝平二郎 きりえかるた 江戸いろは 児童版 / モチモチの木 / ベロ出しチョンマ / ふき



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ひばりの矢

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット