宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ひばりの矢
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひばりの矢

  • 絵本
作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年11月
ISBN: 9784265909407

小学校低学年 〜 中学生向け
B4変型判 29.0×25.0 32頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

むかし、天にあったひばりの巣。悪い黒雲おやじに子どもをふみ殺されたひばり一郎次は弓矢で…。麦になったというひばりの矢の物語。

ベストレビュー

「むかし、ひばりの巣は天にあった。」

絵本を開くと、最初に麦の絵が目に飛び込んできます。
「麦は、ひばりが天から射込んだ矢」なんだそうです。

どうしてひばりが矢を射るのか?
それは、黒雲が関係していました。

踏まれても踏まれても伸びる、強い麦。
麦には、ひばりの強い意志が宿っているのかもしれません。
麦の穂が矢羽のような形をしている理由、なんだか納得でした。

この絵本では、ひばりは鳥ではなく、人間の姿で描写されています。
黒雲おやじを倒そうと、一番最初に名乗りを上げた一郎次。
誰もやらなかったことを最初にやろうと決意し行動する姿は、
「半日村」の一平を思い出させました。

余談ですが、ひばりは漢字で「雲雀」と書くんですね。
「むかし、ひばりの巣は天にあった。」という一文があるのですが、
きっと雲に巣を作っていたんだろうな、と想像させてくれました。

斎藤隆介さんの作品にはいつも「勇気」「優しさ」「愛情」「自己犠牲」
といったテーマが盛り込まれており、読むたびにそういったパワーを
いただいているような、気がします。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斎藤 隆介さんのその他の作品

紙芝居 花咲き山 / The Tree of Courage モチモチの木 (英語版) / 斎藤隆介童話集 / ビッグ・えほん「半日村」 / ビッグえほん ひさの星 / ビッグ・えほん モチモチの木

滝平 二郎さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(10) 古田足日子どもの本 / たなばたさま / 滝平二郎 きりえかるた 江戸いろは 児童版 / モチモチの木 / ベロ出しチョンマ / ふき



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

ひばりの矢

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット