どうぶつ どんどん どうぶつ どんどん どうぶつ どんどんの試し読みができます!
文・絵: たしろ ちさと  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どうぶつが やってくるよ。どんどん どんどん… どうぶつえんに行きたくなるよ!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
どらせんせい 『たべちゃいたーい』のまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どらせんせい 『たべちゃいたーい』のまき

作: 山下 明生
絵: いもと ようこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どらせんせい 『たべちゃいたーい』のまき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年03月
ISBN: 9784893255792

ベストレビュー

どら先生、とにかくおもしろい!

のびのび園にはちょっとかわった先生がいる。ふとっちょねこのどら先生。返事は「にゃおん」、歌は「どらねこそらきた(ドレミファソラシド)」、おしっこは砂場で、お弁当は口で・・・
どら先生の教えることは《とんちんかん》なことばかり。でも憎めない。威張ってるけど、本当はとっても優しい。だから好き。
どら先生の教えは《めちゃくちゃ》と分かるようになってから読んであげるといいと思いますよ。(そんなことはないと思うけど、本当におしっこは砂場でするものだと思い込んでしまっては大変ですものね)
うちは子供が4歳と3歳の時に初めて読んだのですが、二人ともとっても喜んで、すごーくハマっていました。わざと「にゃおん」「わん!」と返事をしたり、「だめだめだめ!」もよく使いました(これは親の方が使っていたかな)。家族全員が大好きな一冊です。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく

いもと ようこさんのその他の作品

あかちゃんのためのえほん いない いない にゃーん / あかちゃんのためのえほん これ なあに / まいにちがプレゼント / あかちゃんのためのえほん こんにちは / あかちゃんのためのえほん いただきます / おいもころころ



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

どらせんせい 『たべちゃいたーい』のまき

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット