くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
グリックの冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グリックの冒険

  • 児童書
作: 斎藤 惇夫
絵: 薮内 正幸
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り8

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年11月
ISBN: 9784001105261

小学4.5年以上
菊判・上製・348頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

飼いリスのグリックは、野生のリスの住む北の森にあこがれ、カゴから脱走します。町でドブネズミのガンバと親しくなり、動物園で知りあった雌リスののんのんといっしょに、北の森をめざします。

ベストレビュー

グリック

「グリックの冒険」は、グリックが北の森へ向かって冒険する話です。とちゅうまでガンバに案内してもらって、そこから先は動物園で会ったのんのんといっしょに北の森へ行くことになりました。

どきどきした場面は、ノスリにおそわれるところです。とちゅう、エゾリスと会い、ノスリがエゾリスをつかまえて飛んでいったので、グリックとのんのんがつかまりそうだったのでドキドキしました。

読んでみて下さい。
(カナヤモぼうやさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斎藤 惇夫さんのその他の作品

河童のユウタの冒険 (上) / 河童のユウタの冒険 (下) / 岩波少年文庫 哲夫の春休み(上) / 哲夫の春休み(下) / 【美装ケース入り】少年文庫版 ガンバの冒険シリーズ(3冊セット) / 岩波少年文庫 46 ガンバとカワウソの冒険

薮内 正幸さんのその他の作品

復刊・薮内正幸日本の野鳥セット(全6冊) / だじゃれどうぶつ図鑑  / 大型絵本 しっぽのはたらき / どうぶつしりとりえほん / たべたのはだれ? / 岩波少年文庫 45 グリックの冒険



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

グリックの冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット