だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ラプンツェル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラプンツェル

作: グリム
絵: バーナディット・ワッツ
訳: 相良 守峯
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ラプンツェル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年7月8日
ISBN: 9784001105889

4.5歳以上
31.6×23.3cm 26頁

出版社からの紹介

禁をおかしてラプンツェル(ちしゃ)を食べた母親から生まれた女の子ラプンツェルは、魔女ののろいを受け、12歳のとき塔にとじこめられてしまいます。四季折々の森の自然をみごとに描き分けた絵本。

ベストレビュー

読み比べてみると面白い!

グリム童話「ラプンツェル」の絵本は,たくさん出版されているので,読み比べてみると,それぞれ味わいや雰囲気が違って面白いですね。
そして同じ絵本作家さんでもこんなに違うのですね。
バーナディットワッツさんの「ラプンツェル」絵本は,こちらともう1つ新版がありますが,新版の方が子供の読み聞かせには合うように思いました。優しく温かみにあるラプンツェル絵本になっています。
反面こちらは,グリム童話らしい残酷さや闇の部分もしっかり表現されている分,怖さを感じるかもです。深い味わいという意味では,本格派,大人向けという印象です。
あとは好みと誰を主観として読むかでしょうか。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / しらゆきひめ / フィッシャーが描いたグリムの昔話 メルヘンビルダー

バーナディット・ワッツさんのその他の作品

みにくいあひるの子 / いばりんぼうのカラス / ヘンゼルとグレーテル / ラプンツェル / 赤ずきん(大型絵本) / 赤ずきん

相良 守峯さんのその他の作品

岩波少年文庫 ニーベルンゲンの宝 / グリム童話集 3 / グリム童話集 2 / グリム童話集 1



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ラプンツェル

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット