ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる?の試し読みができます!
作: すとう あさえ 絵: さとう めぐみ  出版社: くもん出版
森でごちそうが消える事件が発生。さあ、絵本をめくって犯人を探そう! 探しながら楽しむ、春夏秋冬の定点観測さがしえ絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
歴史を旅する絵本 江戸のあかり ナタネ油の旅と都市の夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歴史を旅する絵本 江戸のあかり ナタネ油の旅と都市の夜

  • 絵本

出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

近世になると、都会の夜は明るくなりました。淀川べりのナタネ畑から始まって、農作業と油しぼり、油を運ぶきびしい船の旅、江戸の夜の活発な仕事と華やかな娯楽のようすを精密に描きだします。

ベストレビュー

なたね油の旅と、江戸の風景

日本史に疎い自分には、ナタネ油がわざわざ関西で作られ、商船に乗せられて江戸に運ばれた経緯はよくわかりません。
ただ、アブラナからあかりの基になる油を作っていたこと、関西から江戸へは船を使って輸送が行われていたことを学習しました。
ナタネ油を頼りにした江戸の生活風景もみごとな学習素材です。
今では当たり前の灯りも、江戸時代に風情を保つ重要な資源だったこと、灯りを頼りにして江戸時代の庶民の生活がとてもリアルに描かれていると思いました。
(ヒラP21さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

歴史を旅する絵本 江戸のあかり ナタネ油の旅と都市の夜

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット