なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
歴史を旅する絵本 近世のこども歳時記 村のくらしと祭り
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歴史を旅する絵本 近世のこども歳時記 村のくらしと祭り


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

近世では、こどもは村全体で育てるという風習がありました。こどもたちは、ともに村の祭りや行事に参加し、労働を手伝い、自然の中で遊びながら成長しました。こどもたちの1年の生活をたどります。

ベストレビュー

ひとつの家族

 こども歳時記、とありますが、大人もみんないっしょです。農村の四季おりおりの様子が、ていねいに描かれています。 大人もこどもも、みんないきいきしていて、みいってしまいました。
 
  昔の暮らしは、村全体がひとつの家族のように見えます。自然によりそって、みんなで協力していたんですね。
 こんな暮らしのなかから、こどもたちの歳時記ができたのだと思いました。

 あとがきに、当時のことの解説文もあって参考になりました
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★



困っているぼくのところに本物の神様が!

歴史を旅する絵本 近世のこども歳時記 村のくらしと祭り

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット