ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はてしない物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はてしない物語

  • 児童書
作: ミヒャエル・エンデ
訳: 佐藤 真理子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,860 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はてしない物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年6月7日
ISBN: 9784001109818

小学6年,中学以上
菊判・上製・590頁・本文2色

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

10歳のバスチアンは本を読んでいた――ファンタージエン国は、正体不明の〈虚無〉におかされ滅亡寸前。その国を救うには、人間界から子どもを連れてくるほかない……。映画化された大長編ファンタジー。

ベストレビュー

名作は音読しても味わいがありました。

最近、中学生の上の子が世界の名作を読んでくれるようになってきたので、自分が大好きなこの本を薦めてみました。

今回はただ薦めるだけではなくて、二人の子どもたちがいるところで、時間を取って、一章づつくらい読み語ってみました。
学生時代大好きだった本を、大人になって改めて声に出して読んでみるのは、なかなか素敵な試しみでした。

この物語は、主人公バスチアンの現実の世界と、バスチアンの読んでいる「はてしない物語(ファンタジア)」の世界とがだんだん重なり合っていきます。
その表現力が、ミヒャエル・エンデの腕の素晴らしいところというか、さすが!超一流のファンタジー作家。
いつの間にか、読み手の私たち自身も、バスチアンと同じような体験をしている気分になれるんですよ〜。

我が家の子どもたちには大好評でした。
お時間のある方、興味のある方、ぜひお子さんと一緒に読んでみてくださいね。
そこで、ひとつお願い。「はてしない物語」は岩波から文庫化されていますが、バスチアンとのふしぎな世界をよりリアルに感じたい方は、ぜひ、岩波書店の大きい書籍の方で読んでみてください。
こちらはバスチアンが読んでいる「はてしない物語」を具体化したような装飾になっていて、ページを一枚めくるごとにどんどん物語に引き込まれていけるよう意識して作られています。

漢字にはふり仮名も降ってあるので、物語の一人読みになれているお子さんなら、小学校の中学年くらいからでも、十分楽しめると思います。
ナビの中で「はてしない物語」やミヒャエル・エンデのブームが起きてくれると嬉しいな。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子13歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミヒャエル・エンデさんのその他の作品

魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / はだかのサイ / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / ジム・ボタンのたびだち / ジム・ボタンがやってきた

佐藤 真理子さんのその他の作品

岩波少年文庫 502 はてしない物語 下 / 岩波少年文庫 501 はてしない物語 上 / 満月の夜の伝説 / 父への四つの質問 / ゆめくい小人



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

はてしない物語

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット