たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いたずらふたご チンプとジィー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたずらふたご チンプとジィー

  • 絵本
作・絵: キャサリン ローレンス・アンホールト
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いたずらふたご チンプとジィー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年4月1日
ISBN: 9784097273530

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いたずらふたごのチンパンジーの楽しいお話

 英国人気作家の待望の最新作。ふたごのチンプとジィーはママとおかいものに出かけます。いたずらばかりの2人は、迷子になって大騒ぎ。小さい子の読みきかせに最適な心暖まる愉快なお話です。欧米で人気沸騰中です。

ベストレビュー

あの本に

夫婦で絵本を作っているローレンス夫妻。

確か実際にも双子のお子さんをお持ちだったはず。

ご自分のお子さんへ、いたずらっ子のチンパンジーを重ねて作られたるかなと思いました。

おさるの話ということで、『おさるのジョージ』を彷彿とさせるところもあります。

終わり方がある絵本に似ていると思いました。

息子に私が「あの本に終わり方が似てるよね」と言うと息子が「ああ、瑞雲舎の」と言いました。

そう、瑞雲舎のジャングルが出てくる絵本と言えば、もうおわかりになるでしょうか?

親ばかになりますが、本の題名が出てくるのではなくて、出版社の方を先に思いだすあたり、息子も絵本通になってきているんだなあと思いました。

確か、続編もありましたよね。前に読んだことがあったので、また読み直してみたいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャサリン ローレンス・アンホールトさんのその他の作品

チンプとジィーおおあらしのまき



困っているぼくのところに本物の神様が!

いたずらふたご チンプとジィー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86




全ページためしよみ
年齢別絵本セット