しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
岩波少年文庫 2012 エミールと探偵たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 2012 エミールと探偵たち


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥680 +税

「岩波少年文庫 2012 エミールと探偵たち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1953年9月15日
ISBN: 9784001120127

出版社からの紹介

エミールはひとりでベルリンのおばあさんの家へ行く途中、汽車の中でお金をぬすまれます。おかあさんが働いて貯めた大切なお金でした。エミールは、怪しい山高帽の男を追跡します。

ベストレビュー

やっぱりケストナーが好き

子どもの頃にも読んだことがある本で、息子にいつ読み聞かせをするか待っていた本でもあります。

ケストナーは最初にケストナーらしい前文が入るので、それがどうかな?と思いましたが、そこでつまづくこともなく、物語の世界へ入っていけました。

その前に同じような探偵物の『オタバリの少年探偵たち』を読み聞かせしていたのですが、

息子が言うには「オタバリは友だちが泥棒と戦うけど、エミールは知らない子たちとだよ」だそうです。

何かの本でこのエミールはケストナーの子ども時代が投影されているということを読んだことがあますが、貧しい生活の中、エミールが母を思うその心情がとてもいじらしく思いました。

ケストナーの言葉の中で好きなのは「大切なことは、自分自身の子どものころと破戒されることのない接触を持ち続けること」という言葉。

訳者のあとがきにも子どもたちにどんな思いを伝えたかったということが描かれていますが、大人になってまた読み返してみてもやっぱりケストナーっていいなあって思いました。

今度は『飛ぶ教室』を息子と共に楽しめたらと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳)

出版社おすすめ




『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

岩波少年文庫 2012 エミールと探偵たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット