モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
岩波少年文庫 2091 思い出のマーニー 上
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 2091 思い出のマーニー 上


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

「岩波少年文庫 2091 思い出のマーニー 上」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年11月18日
ISBN: 9784001120912

ベストレビュー

マーニーの不思議が知りたくてたまらない。

「岩波少年文庫」から出ている世界の名作シリーズの1冊です。
カバーの背表紙の部分が黄色で、ISBN番号が1000番台なので、この作品は作られた当時小学校中学年向けに出版されていたんだと思います。
今は子どもたちの本を読むレベルがかなり低くなっているので、小学校高学年か中学生くらいにならないと、この内容についていけないかもしれません。

次回のジブリ作品の原作になるといわれている海外の児童文学作品です。(2014年1月現在)

松野正子さんの邦訳で、文章はとても読みやすく、あっという間に物語の中に引き込まれてしまいました。
ただ、物語の時代背景とか、
主人公:アンナの内にこもった性格は、個人の好みにもよりますが、苦手な人も多いかもしれません(最初、主人公は「赤毛のアン」のアン・シャーリーとよく似た印象でした)。

アンナとマーニー(不思議な少女)との出会いのシーンになるまで読んでしまえば、後はもう、その『不思議』の謎解きがしたくて一気にガーッと読んでしまえると思います。
これは上・下巻に分かれています。

上巻の後半まで来ると、もう早く下巻を読みたくてたまらなくなると思います。
ファンタジーというよりややSFっぽい作品で、「時の旅人」「トムは真夜中の庭で」的な作品がお好きな方なら、絶対はまると思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

出版社おすすめ




「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

岩波少年文庫 2091 思い出のマーニー 上

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット