クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
岩波少年文庫 魔女ジェニファとわたし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 魔女ジェニファとわたし


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

「岩波少年文庫 魔女ジェニファとわたし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ニューヨーク郊外の小学校に転校してきたばかりのエリザベスは、ある日、森の小道で黒人の少女ジェニファと出会いました。自分は魔女だという、風変りなその少女にひきつけられます。

ベストレビュー

主人公は五年生

引っ越してきてまだ友だちがいないエリザベスは、自分のことを魔女だという風変わりな女の子ジェニファと知り合いになります。

ジェニファは自分のことを魔女だと言い、エリザベスは独特の雰囲気があるジェニファに惹かれ、見習いの魔女としてジェニファに言われることに従います。

思春期の子どもの心情をうまく描くカニグズバーグの作品。ハロウィーンから始まること、風変わりな魔女の修行など、一度読んだ時からとても記憶に残る作品でした。

息子も先に一人で読んでいたようで、二人で「ジェニファって変った子だよね」と盛り上がりました。

エリザベスは実によく見ている女の子で近所のシンシアの二面性やお泊りに来た大人たちの言動行動の描写にはなるほどと思えるところがあります。

五年生の女の子のお話なのでこの学年周辺の子が読むのにちょうどよさそうな内容の本だと思います。夏休みの読書にもいいですね。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳、)

出版社おすすめ




『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

岩波少年文庫 魔女ジェニファとわたし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット