あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
恐竜たちの大脱出 進化恐竜トロオのものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

恐竜たちの大脱出 進化恐竜トロオのものがたり

  • 絵本
作: 羽田節子
絵: 松岡 達英
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年05月20日
ISBN: 9784834016116

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から
進化恐竜トロオのものがたり

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

進化恐竜トロオの活躍する物語と恐竜図鑑とが1冊になった絵本。巨大いん石が1年後に地球に衝突することがわかり、いろいろな生き物など地球環境まるごと宇宙船に乗せて大脱出。

ベストレビュー

もしも、恐竜人間が生まれていたら・・・。

上の子が、恐竜が大好きなので、図書館で見つけて、借りてきました。
もしも、恐竜時代に、進化した恐竜人間が生まれていたら・・・。その進化した姿を「トロオ」と名付けて、物語は進んでいます。トロオたちは今の人類とほぼ同じか、それ以上の生活レベルで生活いていて、自然や自分達の祖先である恐竜と、上手く共生しています。
ある時、巨大いん石が地球に衝突すると判明し、「トロオ」たちは恐竜たちを連れて、他の惑星への脱出をはかります。
物語は壮大で、恐竜たちの生態や歴史には忠実なので、子どもは、分かているつもりでも、「これは本当の話じゃないよね」と、何度も確認してきました。
逆に、恐竜大好きッ子としては、本当の話で、たくさんの恐竜たちが、他の惑星で助かっているといいのに。という、思いもあったのかもしれません。
少しマンガのような書き方になっていますが、恐竜のことが結構専門的にわかる作りになっているので、興味のある子どもにはとても面白いようです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

羽田節子さんのその他の作品

福音館文庫 積みすぎた箱舟

松岡 達英さんのその他の作品

いのちのひろがり / カエルくんのだいはっけん! / よるになると / いけのおと / さとやまに はるがきた / 山猫たんけん隊



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

恐竜たちの大脱出 進化恐竜トロオのものがたり

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71




全ページためしよみ
年齢別絵本セット