もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
なんだろな?なんだろね?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なんだろな?なんだろね?

作: まつのまさこ
絵: ふくしま まゆこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥410 +税

「なんだろな?なんだろね?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年04月

対象年齢 10ヵ月から2才向き

出版社からの紹介

赤ちゃんにとっては、見るものすべてが不思議なものばかり。見て、さわって、匂いをかいで、なめて、それから「なんだろな?」と考えます。読者の赤ちゃんは主人公のねこといっしょになって、家の中のものを見つけていきます。身近な題材とわかりやすい絵で、絵本をはじめて体験する赤ちゃんにぴったりな「もの」の絵本です。

ベストレビュー

子どもが最初に興味を示すものが次々

幼稚園のバザーで見つけました。

息子が六カ月ぐらいの時に出た本のようですが、その時には出会えず、乳幼児向けのお話会で読むようになってから出会うとは不思議なめぐり合わせです。

ねこの視点で描かれていますが、子どもが最初に興味を示すものが次々と出て来て、

「ああこれもそうだった」「これも」と思いました。

スリッパは、ハイハイしている頃からでも興味を示していましたし、電話をしていればコードを引っ張っていた息子。

立てるようになり、椅子の上に登れるようになってやっていたことは受話器をはずして耳に持って行くことだったなあと。

息子の発達段階でのしぐさを思い出しながら、子どもが初めて興味を示すものが凝縮されている絵本だと微笑ましく読みました。

おはなし会でも読んでみたい本だと思います。

松野正子さんというと鎌田暢子さんとのコンビをよく目にしますが、このふくしまさんの絵もとても優しくて、また子猫がとても愛らしかったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

まつのまさこさんのその他の作品

もうおきるかな? / なんて よぶの? / ロージー、いえでをする / ロージー、はがぬける / シンデレラ ちいさいガラスのくつのはなし / シンデレラ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

なんだろな?なんだろね?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット