もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
岩波少年文庫 3 ながいながいペンギンの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 3 ながいながいペンギンの話

  • 児童書
作: いぬい とみこ
画: 大友 康夫
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年06月16日
ISBN: 9784001140033

小学生から
小B6判・並製・カバー・190頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

南極大陸をふき荒れる,その冬最後の雪嵐のなかでペンギンのたまごが2つかえりました.ルルとキキ兄弟は生まれたばかりだというのに元気いっぱい.両親のるすにこっそり家をぬけだして….楽天的で冒険好きな活力にあふれる主人公たちは,1957年の刊行以来,日本の幼年文学の代表として,幼い読者に受け入れられてきました.

ベストレビュー

ハラハラする冒険

小学校一年生の長男が一人で読めそうな本を探していて読んでみました。

南極のペンギンの兄弟が、子供らしい無鉄砲とも思える冒険をしながら、季節がめぐる頃には立派に成長していく姿が描かれています。結構ハラハラする場面もあって、男の子に特に好まれると思います。

このお話には、岩波書店の版と理論社の版があって、挿絵の画家さんと、漢字へのふりがなの振り方が違っています。理論社の版には、すべての漢字にふりがながふってあるのですが、こちらの方は、例えば「南極」、「島」、「夏」にはふりがながありましたが「小石」にはふりがながありませんでした。

低学年の子にとっては理論社のほうが読みやすいかもしれませんが、1、2年生程度の漢字を知っているなら、こちらの方が文庫でコンパクトでいいかもしれません。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いぬい とみこさんのその他の作品

かぜのおまつり / とりかえっこする? / 福音館文庫 くらやみの谷の小人たち / 福音館文庫 木かげの家の小人たち / 北極のムーシカミーシカ / ながいながいペンギンの話

大友 康夫さんのその他の作品

3人のまじょとドラゴン(3) あくまのデクノボッチ / 3人のまじょとドラゴン(4) なぞなぞようかい / 3人のまじょとドラゴン(1) 3人のまじょとドラゴン / 3人のまじょとドラゴン(2) カエルのおうじさま / くずのはやまのきつね / くまくんのはる・なつ・あき・ふゆ(4冊セット)



大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

岩波少年文庫 3 ながいながいペンギンの話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット