ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
岩波少年文庫 人形の家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 人形の家

  • 児童書
作: ルーマー・ゴッデン
訳: 瀬田 貞二
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

両親と弟、犬といっしょに幸せに暮らしていた小さなオランダ人形のトチーでしたが、ある日、思いがけない事件がおこります…。真実という大切な問題を人形の家にたくした、美しい物語。

ベストレビュー

ドールハウスの悲劇

イギリスのお話です。
ひいおばあさまが幼い時にもっていた人形とドールハウスが
人形遊びの好きな心優しい姉妹に譲られました。
物語の前半、古い人形以外にこの姉妹の手元にやってきた
ちいさな人形たちの、それぞれの思いなどが丁寧に語られています。
美しく安らげる自分たちの住まいを渇望する人形たちと姉妹。
やがて、運命のようにやってきた古いドールハウスがよみがえって
住人たちは幸せの絶頂にいますが、ある日不幸の象徴のように
遺産である、もう一人の美しい人形がやってきます。
ラストはドールハウスの中での悲劇で終わっています。
愛のために命を投げ出したセルロイドのことりさんと、危険を察知して
鳴き続ける犬のかがりが、印象に残ります。
そして何にも惑わされず真実を見ている妹の純粋な心が印象的です。

(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ルーマー・ゴッデンさんのその他の作品

帰ってきた船乗り人形 / クリスマス人形のねがい / おすのつぼにすんでいたおばあさん / ねずみの家 / 元気なポケット人形 / ふしぎなお人形

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし



ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

岩波少年文庫 人形の家

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット