貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
岩波少年文庫 77 ピノッキオの冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 77 ピノッキオの冒険

  • 児童書
作: コッローディ
訳: 杉浦 明平
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年12月18日
ISBN: 9784001140774

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ことばを話す木から人形を作ったジェッペットじいさんは、ピノッキオと名づけて子どものようにかわいがります…世界中の子どもたちに親しまれてきたイタリアの物語。

ベストレビュー

冒険とは

 アニメでおなじみのピノッキオ。だいたいのストーリーは知っていましたが、原作はちがうところもあって、おもしろかったです。アニメのかわいいピノッキオになれているので、挿絵のラフなピノッキオがほほえましかったです。

 ジェペットじいさんが、上着を売ってピノッキオに本を買ってやったのに、ピノッキオはそれを売って遊んでしまう、このエピソードはしみじみします。

 冒険とは、子どもの成長過程のことなんだと気がつきました。
 300ページのボリュームのあるお話です。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


杉浦 明平さんのその他の作品

百年文庫(83) 村 / 岩波少年文庫 今昔ものがたり



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

岩波少年文庫 77 ピノッキオの冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット