たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
岩波少年文庫 113 ペロー童話集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 113 ペロー童話集

  • 児童書
作: ペロー
訳: 天沢 退二郎
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥640 +税

「岩波少年文庫 113 ペロー童話集」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月16日
ISBN: 9784001141139

224頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ドイツのグリム童話と並んで有名な、17世紀末フランスの物語集。「眠りの森の美女」「赤頭巾ちゃん」「青ひげ」「長靴をはいた猫」「サンドリヨン(ガラスの靴)」「おやゆび小僧」「ロバの皮」など。

1697年版の題に《過ぎた昔の……》とあるように,またほとんどが《むかしあるところに》と書き出されているとおり,「ペロー童話」というのは,基本的に「昔話」なのです.つまり,ある「作家」があるとき創作した「作品」というよりも,もともとは,いつからともなしに,親が子に,語り部が民衆に,何十年何百年ものあいだ語り伝え,語り継いできた「民話」とか「説話」とよばれるお話だったのです.
 ヨーロッパでは,とくに17世紀後半,フランスのペローやイタリアのバジーレによって,そして19世紀にはドイツのグリム兄弟によって,このような口承説話を記録・収集し,読者・研究者にひろく提供する仕事が結実し,評価されるようになりました.中でも重要かつ有名なのが,「グリム童話」ですが,それより百年余りも早く,十七世紀の末に刊行されたのが「ペロー童話」です.グリム兄弟は,自分たちの『子どもと家庭のための童話集(メルヒエン)』の第一巻の初版(1812年)の序文の中で,先駆者ペローの「昔話』の,聞き書き叙述の簡潔さ・正確さを称賛し,ペロー童話集の類話の多くを自分たちの童話集に取り入れています.
(「訳者あとがき」より)
*《過ぎた昔の……》=『過ぎた昔の物語またはお話集・教訓付き』

ベストレビュー

大人が読んでも

 「あかずきん」や「なが靴をはいたねこ」「サンドリヨン(シンデレラ)」などおなじみのお話は、たくさんの絵本になっています。けれど文章で読んでみると、奥深さが感じられます。
 
 それぞれのお話の最後に「教訓」が書かれています。じっくり読むと、重いお話だなと思いました。「童話」ですが、大人が読んでも読みごたえがあります。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ペローさんのその他の作品

眠れる森の美女 クラシックバレエおひめさま物語 / 紙芝居 ながぐつをはいたねこ / 偕成社文庫 長ぐつをはいたねこ / せかい童話図書館(29) ながぐつをはいたねこ / せかい童話図書館(25) シンデレラ / 世界名作童話全集 学習版 12 ほうせきひめ

天沢 退二郎さんのその他の作品

福音館文庫 犬のバルボッシュ パスカレ少年の物語 / オレンジ党 最後の歌 / ポプラ文庫ピュアフル 光車よ、まわれ! / シチリアを征服したクマ王国の物語 / 光車よ、まわれ! / 宮沢賢治絵童話集(14) 宮沢賢治詩画館



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

岩波少年文庫 113 ペロー童話集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット