もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
岩波少年文庫 156 ふたごの兄弟の物語 (上)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 156 ふたごの兄弟の物語 (上)

  • 児童書
作: トンケ・ドラフト
訳: 西村 由美
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

そっくりだけれど性格はまったくちがうふたごの物語。盗難事件にまきこまれたり、片方を好きになったお姫さまから誤解されたり、ゆかいなできごとの数かずに、力をあわせていどみます。

ベストレビュー

機転や知恵で

この本も脇明子さんの読み聞かせお薦めリストの中にあった本です。

オランダの作家さんのお話だそうで、タイトルにも作者にも馴染みがなく、自分としては何の予備知識もないまま息子に読み聞かせをしたところ、これがとてもおもしろいのです。

二人の性格の異なる双子の兄弟が、別れ道で別々の道を選び、選んだ職業が貴金属細工師と泥棒というのが、導入部になります。

貴金属細工師の方はともかくとして、泥棒を選んだ男の子の行く末が気になりませんか?

上下巻の長いお話ですが、章ごとでお話が完結しており、どの章のエピソードもハラハラしながらも楽しく読めます。

一人のお姫様に2人が恋をする「ダイヤモンドの燭台」のお話は思春期ならではのお話だなあと思いました。

「なぞなぞの岸」というお話の中にこんな言葉がありました。「そなたには、自分自身にとって不愉快な状況を工夫して逆転する才能がじゅうぶんにある。」

困難な状況というのは、どんな人生にもつきものですから、そんな時どう機転や知恵で切り抜けられるか、そんな醍醐味もこのお話の中にはあります。

息子に読み聞かせをしている途中で、出勤前の夫が続きが知りたくて思わず話に耳をすませるなんて場面もわが家ではありました。

岩波少年文庫は子どもたちにあまり読まれなくなっていると聞きますが、こんなおもしろいお話を読まずに子ども時代を過ごしてしまうのはもったいない気がします。

大人が先におもしろさを知り、子どもに伝えたい一冊です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トンケ・ドラフトさんのその他の作品

踊る光 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 下 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 上 / 岩波少年文庫 157 ふたごの兄弟の物語 (下) / 岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (下) / 岩波少年文庫 白い盾の少年騎士 (上)

西村 由美さんのその他の作品

15の夏を抱きしめて / パン屋のこびととハリネズミ ふしぎな11のおとぎ話 / 岩波少年文庫 アーベルチェとふたりのラウラ / イップとヤネケ シンタクラースがやってくる! / 岩波少年文庫 アーベルチェの冒険 / オオカミ少年ドルフィ オオカミ人間のひみつ1



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

岩波少年文庫 156 ふたごの兄弟の物語 (上)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット