もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地

  • 児童書
作: イーヴ・ガーネット
訳: 石井 桃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥720 +税

「岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784001141597

小学5.6年以上
小B6判・並製・334頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふくろ小路1番地に住む,子だくさんのラッグルスさん一家のにぎやかな物語.長女リリー・ローズがお客さんの洗濯物をちぢませてしまったり,ふたごの男の子ジェームズとジョンが子どもギャングに入ったりと,つぎつぎと事件が起こります.たくましく生きる下町の家族の日常をユーモラスに描いた名作.

ベストレビュー

おもしろいと思いました

リリー・ローズが、アイロンでじんけんをちぢめちゃうからどうするんだろうと思いました。

リリー・ローズが、おかしをもらえないから、おくさまが出してくれたケーキをたくさん食べるところがおもしろかったです。

どかんにかくれたジムのどかんが上に上がったからびっくりました。こわかったです。

ジョンはパーティに行けたからとくしたなあと思いました。
どのお話もおもしろかったです。

きょうだいがたくさんいておもしろいと思いました。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

イーヴ・ガーネットさんのその他の作品

ある子どもの詩の庭で

石井 桃子さんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / プーのはちみつとり / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット