しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
今年はもっと楽しむ!絵本ナビのハロウィンパーティ
岩波少年文庫 517 この楽しき日々 ローラ物語 3
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 517 この楽しき日々 ローラ物語 3

  • 児童書
作: ローラ・インガルス・ワイルダー
訳: 谷口 由美子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「岩波少年文庫 517 この楽しき日々 ローラ物語 3」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年10月18日
ISBN: 9784001145175

中学以上
小B6判・並製・カバー・436頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

15歳のローラは,念願かなって教師の職につき,新しい生活をはじめることになった.孤独な下宿生活,学校の生徒たちへの不安,大学に通いはじめた姉メアリの帰省,アルマンゾとの心ときめくそりでのドライブ.明るく,行動力あふれるローラが,18歳で結婚するまでを描く青春編.

ベストレビュー

美しく、楽しい時

福音館の大きな森の小さな家から始まったローラの幼い日から
ずっとたどって、この本は、ローラの最良の時のお話だと思います。
シリーズのうちで好きなのは、この本ともっと幼い時の「長い冬」で
何度も読みました。
前半は、教師として行った地で、かなりつらい思いをしますが、
アルマンゾーが週末に迎えに来てくれることで、なんとか
切り抜けることができますし、その仕事が終わってからは、
馬車でのドライブや服作り、わくわくとする青春時代が語られています。
ローラにとって、結婚前のこの時期は、人生最良の時だっただろうと思えます。
この後、結婚してアルマンゾーの建てた美しい家に落ち着いてからは
はじめの四年間に書かれています。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ローラ・インガルス・ワイルダーさんのその他の作品

小さな家のローラ / 森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / 角川つばさ文庫 大草原の小さな家 / この輝かしい日々 / 大草原の小さな町

谷口 由美子さんのその他の作品

ローズの小さな図書館 / 身がわり王子と大どろぼう / 若草物語 3 / ミンティたちの森のかくれ家 / 土曜日はお楽しみ / 岩波少年文庫 160 指ぬきの夏



「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

岩波少年文庫 517 この楽しき日々 ローラ物語 3

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット