おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
岩波少年文庫 海底二万里 (上)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 海底二万里 (上)

  • 児童書
作: ジュール・ヴェルヌ
訳: 私市 保彦
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784001145724

文庫判・並製・カバー・300頁
関連書籍
海底二万里 下

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

その年1886年は,奇妙な出来事が起こった年だった.いくつもの船が海で〈何か巨大なもの〉に出くわしていた.それは長い紡錘形の物体で,時に燐光を発し,クジラよりもずっと大きく,ずっと速かった.アメリカ海軍から依頼され,追跡行に加わったパリ博物館教授アロナックス氏は,ついにその怪物に遭遇した.(全2冊)

ベストレビュー

至福の読書

もう何十年も前に出版された作品で、ありとあらゆる出版社で、ありとあらゆる訳者の版がありますが、絶版も多々ありますね。
私が持っているのは岩波少年文庫版ですが、本屋で探すのか図書館で探すのか、いずれにしても自分で読みやすいと思った訳者で読むのが良いかと思います。

20代という年齢で初めて読んだとき、海底のあまりの美しさにショックを受けました。
映画も複数製作されていますが、先に文章で想像した自分だけの海底世界は絶品です。それほど脳裏に強く残る、素晴らしき海底と胸の高揚感は本好きの宝です。
まず本で読んで欲しい。
珊瑚の森を散歩したり、難破船を調査したり、サメに襲われたり、ワクワクしている内に読み終わります。

私は大人になって読んで、それでも愛読書になるぐらい楽しんだけど、もちろん少年少女にも魅力的です。至福の読書タイムになることでしょう。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジュール・ヴェルヌさんのその他の作品

齋藤孝のイッキによめる!十五少年漂流記×海底2万マイル名作選 / 岩波少年文庫 二年間の休暇 上 / 岩波少年文庫 二年間の休暇 下 / 十五少年漂流記 ながい夏休み / ポプラポケット文庫 十五少年漂流記 / ポプラポケット文庫 海底二万マイル

私市 保彦さんのその他の作品

岩波少年文庫 海底二万里 (下)



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

岩波少年文庫 海底二万里 (上)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット