にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ

  • 児童書
作: エーリヒ・ケストナー
絵: H.レムケ
訳: 高橋健二
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1962年08月
ISBN: 9784001150575

小学4.5年以上
A5判変型・上製・256頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ケストナー自身が、自分のおいたち、両親や先生のことなどを語った自叙伝。
からだが小さく、貧しい家庭に育ったケストナー少年のたゆまぬ努力や、
親子の情愛などが、静かな感動をよびます。

ベストレビュー

活発な精神に圧倒される!

最近、作品をたてつづけに読み、ケストナーその人にも興味をもち読んでみました。

自分の祖先はじめ親戚や家族のことが中心ですが、静かに語られるのとはまるで違い、こんなに活発な精神をもって描かれた本はそうなにのではないかと、面くらいました。

溢れんばかりの感情に、冷静な判断、そして凄まじいまでの記憶力が入り交じって、1回通読しただけでは、圧倒されただけで終わってしまいます。

ケストナーの作品には間違いなく、この家族の歴史が大きく影響しているのは確信しました。この本のことは、他のケストナーの作品同様、忘れることなどできないな、と思います。
(おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!

エーリヒ・ケストナーさんのその他の作品

新訳飛ぶ教室 / 21世紀版少年少女世界文学館(15) 飛ぶ教室 / 岩波少年文庫 飛ぶ教室 / 岩波少年文庫 ふたりのロッテ(改訳) / 偕成社文庫 飛ぶ教室<新訳> / 岩波少年文庫 60 点子ちゃんとアントン

H.レムケさんのその他の作品

ケストナー少年文学全集 別巻 サーカスの小びと

高橋健二さんのその他の作品

完訳アンデルセン童話集 8 / 完訳アンデルセン童話集 7 / 完訳アンデルセン童話集 6 / 完訳アンデルセン童話集 5 / 完訳アンデルセン童話集 4 / 完訳アンデルセン童話集 3



世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

ケストナー少年文学全集 7 わたしが子どもだったころ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット