ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
リンドグレーン作品集 15 わたしたちの島で
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リンドグレーン作品集 15 わたしたちの島で

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
絵: ロバート・ヘイルズ
訳: 尾崎 義
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,500 +税

「リンドグレーン作品集 15 わたしたちの島で」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1970年09月
ISBN: 9784001150759

小学5.6年以上
体裁=A5判・上製・408頁

出版社からの紹介

夏休みにバルト海の小さな島にやってきたメルケルソン一家のお話。彼らが借りた家は、煙突はすすだらけ、雨もりもする始末。しかし、島の子どもと仲よしになった都会っ子たちは、広大な海べで大元気。

ベストレビュー

リンドグレーン作品ですが

リンドグレーンの作品の中であまり知られていないこの作品。図書館でも閉架扱いだったので、当然絶版のように思っていました。

息子に読み聞かせ終わり、ナビでレビューと思ったら、この作品購入できるんですね。

ウミガラス島で過ごすことになったメルケルソン一家のお話です。パパは作家であまり生活力もなくどちらかというとたよりない感じ。でも、子どもたちを大切に思い大事にしていることが伝わってきます。

母の代わりをする19歳のマーリンを筆頭に島で暮らすきょうだいと、そのきょうだいを取り巻く島の子どもたちとの関わりがとても生き生きとして語られています。

中でも隣のお店の5歳のチョルベン。リンドグレーンのロッタちゃんやマディケンといった少女を彷彿とさせます。おてんばな子なのですが、物事の本質をわかっている女の子でとても好感が持てました。

リンドクレーンは、子どもの気持ちをとても丁寧に描き出すなあということがこの作品だけでも改めて感じることができました。

最初淡々とした感じで進行していきますし、登場人物が多いこともあり、息子の反応も今ひとつという感じだったのですが、100頁あたりを過ぎた頃でしょうか、とてもおもしろく感じてきたようです。

普通の生活の中にある冒険、生き生きとした出来事、自然の厳しさ、いいことばかりでなく悲しいこともおきますが、人生ってやっぱり素晴しい、人間っていいなあというしみじみとした感動がありました。

あまり知られていない作品だと思いますが、リンドクレーンに興味を持ったら一度は読んでほしい作品です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

尾崎 義さんのその他の作品

岩波少年文庫 わたしたちの島で / 岩波少年文庫 名探偵カッレとスパイ団 / 岩波少年文庫 カッレくんの冒険 / 岩波少年文庫 名探偵カッレくん / 岩波少年文庫 105 さすらいの孤児ラスムス / 岩波少年文庫 550 北欧神話



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

リンドグレーン作品集 15 わたしたちの島で

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット