もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
リンドグレーン作品集 19 山賊のむすめローニャ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リンドグレーン作品集 19 山賊のむすめローニャ

  • 児童書

出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,200 +税

「リンドグレーン作品集 19 山賊のむすめローニャ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

山賊のむすめローニャと、別の山賊のむすこビルクは大の仲よし。しかし、この2組の山賊は反目しあっていて、2人は心を痛めていた。美しい自然を背景に、親と子、少年と少女の愛情をみごとに描く。

ベストレビュー

おれは、じぶんの子をもってるんだ!

山賊のかしらマッティスは、一人娘のローニャを溺愛しています。
しかし、生きていくことに必要なことはちゃんと教えているし、箱入りにするのではなく、危険なことから自分を守る術を教えて外へ出しているし、とても素敵なお父さんです。

でも、敵対する山賊との争いで、相手の息子を痛めつけ捕まえる粗暴なところがあります。
それをきっかけに、ローニャは父親に反感を持ち、離れていきます。
その時にマッティスは言ってはいけないことを口にします。
「おれには、子どもはいない」

親の立場と子の立場の両方を経験しているわたしは、どちらの気持ちも痛いほどわかります。
子どもの立場しか経験のない子どもたちは、ローニャに共感してマッティスに腹を立てるでしょう。

でも、最後まで読んで親の気持ちを分かってもらえると嬉しいなあを思います。

二人がどう和解するのか、そして「おれは、じぶんの子をもってるんだ!」というせりふにつながるのか、どきどきして読んでもらいたいです。
(おるがんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




お気に入りのくだものはどれ?

リンドグレーン作品集 19 山賊のむすめローニャ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット