ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
でこちゃんとらすたくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

でこちゃんとらすたくん

  • 絵本
作・絵: つちだ のぶこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「でこちゃんとらすたくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年10月
ISBN: 9784569682662

幼年・小学初級
B5判変型上製 32ページ

出版社からの紹介

でこちゃんの家に、いとこのらすたくんがお泊りにきました。家族みんなが、らすたくんばかりに注目するので、でこちゃんはなんだか面白くありません。ところが、でこちゃんはお母さんのふとした一言で、らすたくんと自分との「おんなじ」ところに気がつきます。二人ともショートケーキが好きで、いちごを最後に食べること、そして、食べる速さまで一緒だということ。

「それじゃあ……」と、二人は好きなことをつぎつぎと上げていきます。「へーんな、かお」、「あなとか隙間にはいること」、「ねんどのにおいをかぐこと」……。でも、一番好きなことは「にんじゃごっこ」をすること。

家族みんなが参加して、にんじゃごっこをすることになりました。らすたくんが帰る頃、二人はすっかり仲よしになっていました。

子どもたちが、小さなきっかけで仲よしになっていく姿が、微笑ましく描かれています。好評の『でこちゃん』の続編です。

ベストレビュー

だんだん心が通いあっていく

でこちゃんのお家に泊りにきた、いとこのらすたくん(変わった名前、由来が気になる〜)。最初は、家族にちやほやされるらすたくんが、でこちゃんは気に入らない。でも、同じような年齢の相手は、とっても気になる存在で、だんだんと、二人の心の距離が近づいていく様子が、ユーモアたっぷりに描かれています。

思わず、自分の子どもの頃を思い出しながら、そうそう、こうやって子どもって仲良くなっていくんだよねぇと、なつかしい気持ちに浸ってしまいました。

でこちゃんの家族の楽しげな様子と、らすたくんを迎えにきたお母さんの顔汗の様子に思わず笑ってしまいました。
(ハリボーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子5歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つちだ のぶこさんのその他の作品

おひさまのほん かさじおやぶん いっけんらくちゃく! / 泣いた赤おに / ぜったい くだものっこ / だいすきのみかたパンツちゃん / げんきのみかた パンツちゃん / おんなじ おんなじ おんなじね



飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

でこちゃんとらすたくん

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット