くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
バーバパパとうみがめのおやこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バーバパパとうみがめのおやこ

  • 絵本
作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バーバパパとうみがめのおやこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年11月
ISBN: 9784062707527

27×22cm・16ページ

出版社からの紹介

テレビでおなじみ、バーバパパの新シリーズ
テレビで放送中のアニメーションの原作絵本です。野生動物に出会う世界旅行に出たバーバパパ一家が、ニューギニアで海亀の赤ちゃんを助けて大活躍。

ベストレビュー

愛犬ロリータが、また発端。

バーバパパたちがやって来たのはニューギニアの島。
このシリーズでは、バーバの子供達や愛犬のロリータが毎回騒動を巻き起こすストーリー展開になっています。
今回のお話も、ロリータが珍しいひくいどりの子供を追いかけたことから、大騒ぎ!
海にまで逃げ出したロリータを岸まで運んでくれたのがウミガメのお母さん。
ちょうどウミガメの赤ちゃんが出てくる時期だったみたい。ウミガメは天然記念物。でも、とっても美味しいらしい。かもめたちが子ガメを襲ってくるのを、バーバパパたちはアーケードのようになって、守ってやります。
やっぱり、自然や動物を大切にって、お話です。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アネット・チゾンさんのその他の作品

バーバパパのコミックえほん(5) バーバパパのおもちゃ工場 / バーバパパのコミックえほん(6) バーバパパと恐竜 / バーバパパのコミックえほん4 バーバブラボーは名探偵 / バーバパパのコミックえほん3 バーバパパとまぼろしのピラミッド  / バーバパパのコミックえほん2 バーバピカリと小さくなる薬 / バーバパパのコミックえほん1 バーバママ火山へいく

タラス・テイラーさんのその他の作品

バーバパパかせいへいく / ビッグブック おばけのバーバパパ / バーバパパ ペンギンのくにへ / バーバパパのさんごしょうたんけん / バーバパパのパンダさがし / バーバパパときえたこぐま



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

バーバパパとうみがめのおやこ

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット