宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくのさんすう わたしのりか 17 アメンボのスケート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのさんすう わたしのりか 17 アメンボのスケート


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのさんすう わたしのりか 17 アメンボのスケート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年3月15日
ISBN: 9784001151770

出版社からの紹介

春になったら池をのぞいてみよう。アメンボが水のうえをスーイスイとまるでスケートをしているみたい。でも、どうして水に浮けるのかな、何かひみつがあるのかな。生きもののすばらしさを知る写真絵本。

出版社おすすめ




大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

ぼくのさんすう わたしのりか 17 アメンボのスケート

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット