となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ミス・ビアンカシリーズ(4) 地下の湖の冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミス・ビアンカシリーズ(4) 地下の湖の冒険

  • 児童書
作: マージェリー・シャープ
訳: 渡辺 茂男
絵: ガース・ウィリアムズ
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ミス・ビアンカシリーズ(4) 地下の湖の冒険」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ミス・ビアンカの今度の計画は、8歳の少年を地下の塩坑から救いだすことです。ところが、やっとたどりついた塩坑はすでに廃坑となっていて、少年の姿はありません。さてどうしたらいいでしょう?

ベストレビュー

どうなるのか?

読み聞かせてみたら二年生の息子でも聞けたシリーズです。

渡辺茂男さんの訳文がとても美しいので読んでいても心地よい響きがあります。

ミス・ビアンカが、毎回囚人を助けだすというものなのですが、それまでには幾多の困難があります。

今回は、ミス・ビアンカの助けにバーナードだけでなく、救出には反対の教授ねずみたちがついてきてしまったことです。

教授ねずみがあきらめて帰ってくれたら救助もやりやすそうなのになあと思いました。

今回の救出は、二巻もそうだったのですが、八歳の子どもを助けるということで、息子と同じ年。そんなこともあり、とても興味が持てたようでした。

囚人が塩抗にいるということで、耳慣れない言葉で、塩抗とは何かと思ったのですが、どうも岩塩をとる場所のようです。

塩というと海水から作るイメージがあったのですが、海外では岩塩もあるわけなので、その点はなるほどとお国柄を感じました。

最後までドキドキするような展開で、どうなるのか?と思いました。もっとも息子はちゃっかり最後だけは自分で確認してしまったようですが。

図書館ではあまり借りられていないシリーズのようでもったいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マージェリー・シャープさんのその他の作品

岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / ミス・ビアンカシリーズ(7) さいごの冒険 / ミス・ビアンカシリーズ(6) 南極の冒険 / ミス・ビアンカシリーズ(5) オリエントの冒険

渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの / むらの英雄 / ジャックとまめの木 / たいへん たいへん

ガース・ウィリアムズさんのその他の作品

すきがいっぱい / いつだってそばに / ねえ ねえ あそぼ / ミスタードッグぼくは ぼくだけの ぼく / だからそっとおやすみなさい / 天才コオロギ ニューヨークへ



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

ミス・ビアンカシリーズ(4) 地下の湖の冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット