もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
サナのあかいセーター
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サナのあかいセーター

作・絵: なりたまさこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サナのあかいセーター」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784591074091

幼児〜小学初級向

出版社からの紹介

おばあちゃんからもらった赤いセーター。でも、小さくてきられません。サナは、大きくすることをおもいつきました。暖かなお話。

あるひ、サナに おばあちゃんから、あかい セーターが おくられてきました。
サナは うれしくて、さっそく きてみましたが、なんだか ちいさくて、きちきちです。
ともだちの ルルと ひっぱってみました。
ぎゅ――――っ!!
なかなか うまくいきません。
プレゼントの セーターをどうしても きたい サナは いろいろと かんがえました。

ベストレビュー

読み終わると、サナちゃんが愛おしくなります。

とっても素敵なお話だったので、学校で読み聞かせのボランティアをしている友人に勧めてしまいました。
(後日、聞いた話では、みんな結構いいノリで聞いてくれたそうです)
サナちゃんのところに、おばあちゃんが手編みのセ−ターを送ってくれました。
ところがしばらく会っていなかったので、届いたセーターはサナちゃんにはちょっと小さなものでした。
サナちゃんはなんとしてもそのセーターを着てみたくて、友達の動物たちとのばしてみたり、洗濯してみたり…。
ところが、やればやるほど、サナちゃんには着られなくなっていくのです。
結局、サナちゃんはおばあちゃんのところへいって、セーターを編みなおしてもらいました。
こんなにまでして、自分には小さすぎるセーターを「着たい」と思ってくれるサナちゃんが、とっても愛おしくなる絵本でした。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

なりたまさこさんのその他の作品

サナとそらとぶおばけ / サナのはじめてのスケート / サナとはやしのぼうしやさん / サナのゆめのにわ / サナのゆきのでんしゃ / はらぺこな しろくまくん



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

サナのあかいセーター

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット